Labels

SUPPORT JULIAN ASSANGE

Sunday, March 11, 2012

日本語 - The Significance of Bob Dean's Project Camelot Testimony by Steve Beckow


 9.3.2012
Steve Beckow
 


エレンは非常に親切に銀河系連盟の母船(およそ33分からおよそ41分)のボブの旅行に触れたケリー・キャシディーのボブ・ディーンとクリフォード・ストーンのインタビューを記録しました。 私はその旅行とその重要性を論じたいです。
カバル(闇の陰謀団)に抵抗している ライト・ワーカー(光の奉仕者)には2つの立場があります。 1つは政府、官庁、軍と黒の要員の中の内部告発者から受け取るインフォメーションです。 他の立場は天界、アセンデッドマスターや銀河系から発信されるチャネルメッセージのインフォメーションです。

二番目のインフォメーションは証明されることなく、しばしば当てにならなく、ファンタジーで、容易に覆す事が出来るなどと最初の立場は見ています。最初の立場のインフォメーションはある程度は有用であるが、価値観で限定されて、部分的で、解釈は読み手に任せて、時々手に染まった、紛らわしいなどと二番目の立場はみています。

この時点まで、2つ立場は多かれ少なかれ、別々に調査を追求してきました。 何人かのコメンテーターは双方とも若干の要素は結合するが、2つはしばしば(今まで)ぶつかりあっていました。二番目の人々は特にUFO / 宇宙船のような主題あるいは虚偽の旗のイベントについて、彼らの信頼性を危険にさらすと時々、最初の立場の人々は言いました。 2番目の立場の人々は、実現できない海王星遠征のようなイベントに参加して、そして初めから打撃と時々ちょう笑さえ受けています。 それでそれらの歴史は近年にまできました。

ボブ・ディーンについて触れると、 彼の 履歴 によれば米国の陸軍で27年を過ごし、指令曹長として引退しました。 彼は同じく諜報フィールドオペレーションに勤務して、最高本部の連合軍のパワーズヨーロッパ、NATO軍備に配置されました。 宇宙の極秘特別入手許可の彼の立場が彼をUFO研究への道に開きました。 ボブは(今まで)ものすごい勇気ある内部告発者であって、光の奉仕者の間で尊敬されています。

彼によれば、2011年10月に臨死体験をしました、この世から去ることが許される代わりに、母船に連れて行かれて、今年の終わりに(あるいはまもなく)起きるはずである移行の後の生活がどのようになるかを銀河系の人たちから彼は示されました。

それで今、最初の立場の非常に尊敬されているメンバーの1人が、2番目の立場の我々すべてが何年もの間、勉強してきたものを見ました。 我々は、内部告発者立場の尊敬されている代表者が、チャネリングによって提出されている内容の要素を確認するようにしています。 これは我々が求めていた明白な証明の1つの例ですが、重要なことは、最初の立場のメンバーが二番目の立場のインフォメーションを実証したということは始めてです。

私は、船に搭乗したと見られるその人はそれを認めたならば彼の人生は悪い方向に変わるだろうから、沈黙することを決めたもう一人の人について私が学んだことをあなた方に話すことができたならと思っていますが、私はその人の選択を尊敬していますので、彼の名前は申しません。(私の不在の間に、多くの秘密をあなた方と共有することはしませんでしたがこれは1つです)

母船に乗る人、誰もがそれについて証言する用意が整っているというわけではありませんが、ボブは、進み出て、そしてちょうど今起こっている事実を話すことによって、法外な運命の非難の苦しみをもいとわず、それに対して償いをする以上のことをしています。

それで、ある意味で銀河系の人たち、アセンションと黄金時代についての沈黙の壁をボブが壊したと思ってください。 そこに宇宙船があり、彼らが我々を守って、そして我々のアセンションを手伝うためにここにいる他の文明社会からの人類によって要員が配置されていることを、ボブは実証しました。

さて、ケリーの立場を考慮してください。 彼女は数年前にアーサー・クラークの幼年時代の終わりを読みました、そしてそれ以来ずっとただ地球を引き継ぐのを待機している悪い銀河系の存在がいることを恐れてきました。 実際に、悪い存在がいたので彼女は間違いではありませんが、その存在は銀河系連盟と Ashtar 司令部のような光に仕えるスペース連合によって地球から無視されました。

しかしながら、不安は何年間の間にゆっくりと消えます。 ケリーのような説得力あるコメンテーターの仕事や他の数人の人たちの彼らの側については、あるいは・・個人的経験ととらえるかもしれません。我々は、少なくともカバルが排除されるまで、銀河系が地球の人たちを怖がらせる可能性の大量の出現のようなことからは身をかわしていることを知っています。 その時まで、ボブ・ディーンやおそらく母船に乗り、そして内部告発者共同体で地位を持っている彼のような他の人たちが、ケリーのようなコメンテーターの恐れを静かにさせるという手段でしょう。

確かに、ボブの公表(そして我々は公表がこれらのように緩やかに個別のイベントを通して起こるかもしれないと言われました)は分水線として歴史に記されるだろうと、思います。 ボブは、2つの立場を一緒にさせることで、本当の影響を与えるユニークな立場に置かれました。 私は、ケリー、デイビッド ウィルコックとベン・フルフォードが来週 サルサを読むとは確信していませんが、チャネルメッセージ追従者の2番目の立場に対する反対が軟化するのを見るかもしれません。

グラハム ドゥイェがアワ ギャラクティック ファミリー番組(私たちの銀河系の家族)のラジオショーで、実際にボブにインタビューします。そして彼の旅行についてはるかにもっと多くの細部を詳細に述べるようボブに友好的なプラットホームを与えます。高次元の銀河系は信頼性があることを証明するかどうか、彼らは自分たちの仕事が終わったら私たちを見捨てるだけなのかどうかなどと、ケリ―が思っていることがわかります。私たちの代わりにスペース家族の責任や仕事をもっと深く理解したスペースの中の話しをするとしたら、何をボブと共有するかもしれませんか?

ケリー・キャシディーは、ロバート・ディーンとクリフォード・ストーンに
インタビューします

ケリ―・キャシディ: 個人がコンタクトを取っているのと同じように、コンタクトを取られている政府があります。政府はコンタクトを取っています。 そうではありませんか?

クリフォード・ストーン:はい。

KC:はい。 そしてこの種のダイナミックは例えば、イラン或いは北朝鮮あるいは中国あるいはパキスタンは不安定になりえるという政治情勢を持っていないだけというように、合衆国と協定をした人たち、すなわち、仲良くやって行かない地球外の若干の訪問者と彼らは協定をしているかもしれないという考えがあります。そして米国軍の中に、合衆国自体の中にも問題があります。 陸軍には彼らが話をしている1つのグループがあり、空軍はもう1つのグループと話をしています、そして海軍はもう1つのグループと話をしています。 そういうことではありませんか?

CS :ええ、けれども、ただインフォメーションのすべてをコントロールしている人々という小さな核があるだけなのです。 これをしているのは軍人ではないかもしれません。 そしてそれは国民が選出した議員ではないかもしれません。

KC:もちろんです。

CS :そしてそれは恐しい状態です。

KC:はい。 それも本当です。 我々は正に今、非常に不満な合衆国の軍があります。 ボブ、あなたは同様にこれを論じることができます。 あなたにはあらゆる種類のことを聞かなくてはならないこれらの人々のために働いていた息子さんがいます。 そして彼らが知っている特定のことをすることは、必ずしも例えば合衆国に最善の利害関係ではないと言われていますが、そうですか?

ボブ・ディーン:この事を話しましょう。 善人がいて悪人がいる、そして我々はその中央にいるとは簡単に言えないのです。 それはある程度、本当です、それはこれまでの1万年の間は本当でしたが、今日それは特に本当ではありません、何故なら第三者がゲームに参加したからです。 先進的文化 そして神は彼らが誰であるか、そして何なのかを知っています しかし、彼らが階層と呼んでいるもの? アンチ階層において彼らはより高いのです。階層の頂点にいるこれらの男たちは、本質的に主にスピリチャルです、そして彼らは(すでに)介入しています。 そして彼らは言いました、「聞いてください、我々はあなた方の間の戦争のこのたわごとにはもう十分です、あなた方にはこれらの一族の意見の相違があります」、そしてこの家族とあの家族そしてその文化とあのグループのたわごとは、終わろうとしています。

なぜなら、人類が彼らの進化と発展における重大な点に到達した今、人類はそれほど長い間いまわしい中央にいたからです。 そして我々は、人類が生き残って新しい人種の中に、新しい種の中に移行するこの厄介で痛みある経験をしようとしています。そして階層のこのより高い要素、このより高いスピリチャル要素が介入しています。 ケリ―、彼らは文字通り言いました、「たわごとをたたき潰してください。 我々はもうこれ以上のたわごとは結構です。 これ以上は、惑星の戦争はないでしょう。 我々は戦争にうんざりしました。 数年間の間にあまりにも多くの、何百万という人々を失いました。 我々は慎重にこれをコントロールするつもりです。 人々に奨励と機会を与えるつもりです、そして人々が新しい人種の中へと移行するこの厄介な移行のために彼らを支援するつもりです。」
今、私が望みを持っている唯一の理由は、 これを体験したときの私は非常に意気消沈し非常に皮肉屋でした。 なぜなら私は、私たち自身の人々の間でだけではなく、これらの男たちの何人かの間で、多くのいまわしさを見て、騒々しい闘争をながびかせてきたからです。

そしてそれから、一族論争や家族の意見の相違とそのすべてについて全く何の関心もないと、関係しているこの第三者がいることが分かりました、彼らが気にかけているすべてのことは人類が新人種への厄介な移行をしてスペースで私たちの正当な場所に到達して、私たちが属する星に行く事です。

KC:はい。しかし、それが彼らの意図です、それは彼らがしたいと思う事をあなたに話した事です何故なら、思うに、あなたは彼らによって連れ去られたからです。

BD:はい、そうです。そして彼らは私に奨励をしてくれました。

KC:はい。

BD :そしてケリー、彼らは私に未来を見せました、その未来は輝かしいです! 我々はそれを成功することができます。そしてこの酷い期間、我々が過去1世紀あるいは2世紀に経験してきたこの暗黒を振り返るのです。そして、歴史を学ぶ学生のように発言します、「まぁ、見てください人々は何ということを体験したのだろう!彼らがお互いにしてきたことを見てください!」

我々はこの特定の時間と場所を未来から振り返るのです、そして我々は言います、「一体どうして世界中でそういうことを彼らはうまくできたのか? ここで彼らは、何億という人々をこれらの戦争で殺して、お互いを屠殺しています! これは終わらせなければなりません!彼らが安全な所で進化し、成長しそして成熟するまで、我々はその人種を惑星から放免することができません!」

KC:わかりました、けれども、ボブ、無限に長い時代の間、互いに戦ってきた地球外の人種がいます。これらが その理論的根拠です! それで多分、街角には新しい男がいるかもしれません・・・。

BD :言わせてください。

KC:...多分、その新しい男はここでことを計画していますが、実際に、私はこちらに座ることになります、そして私はその新しい男に関してさえ疑問を抱くでしょう。

BD :まあ、疑い深いことは問題ではありません。どこからその疑いが来るのか知っています。

KC:あなたは「幼年時代の終わり」を読みましたか?

BD :私は別の会議で、少しまえに、ジョー・ファレルと話をしていました。 ジョー・ファレルは宇宙の戦争を書きました。 宇宙の戦争は、惑星間の知性の間の戦争の実話です。 そして彼らは文字通りにほとんどお互いを破滅させました! 彼らは我々自身の太陽系で、何ということか、火星を越えて惑星を破壊しました!

けれどもそのたわごとは終わらなければなりません! そして私はより高いレベルからの男たちと会う機会があり、彼らは言いました、「我々はもうこれ以上起きるのは許しません。 我々はあなた方にそれを可能にするチャンスを与えます。」 そして私が望みを持っている唯一の理由は(そして個人的に、もっと前に、あなたにこれを話しました )-私が未来を見たことです、そして人類の未来があるということです、そしてそれは美しいです!

KC:はい。 私はそれを正当に評価します、いいですか?これを聞いている多くの人々(これから聞く人々)があなたに同意するであろうと思います。 だから、我々が(そのために)働いていること、それが理由のすべてです。 けれども仕事は未だまだされるのです。 私がしたいと望むことは今まさに、地上に目を保持することです。 そして私は人々の目前にあることの考えについて話をするのを望みます。 今年が2012年で、我々は2013年に入りつつあります、そしてこれらの年のいくつかは非常に決定的な年です。 いいですか? あなたが言うように、これらはまあ、移行の起る年になっています。 それでこれ

BD :それはちょうど今起きています。

KC:まさにそのとおり。 私がここで話をしたいと思うことは、教室に多くの良くない子供たちがいます、いいですか? そしてその子たちはイルミナティに関与しています、そのある者たちは基本的にレプティリアングループや、我々の最大の利益は彼らの考えにないアヌナキ グループによって確かに運営されています。彼らは惑星を一掃したいのです、彼らは大きい計画を手に入れました! そして彼らは非常に長い間それらの計画に取り組んでいました。 そしてあなたたち二人とも- そのアジェンダと面と向かっていたに違いありません。

BD :彼らが存在するからそれらのアジェンダが存在します。そして彼らには無限に長い時代の間、彼ら自身の個人的アジェンダのいくつかがあります。 けれども我々の未来にとって彼らの計画は何も意味しません! なぜならそこには今、干渉しているこれらのより高い発展した文化がありますから。 そして彼らは人類がそれを可能にすることが許されるのを見ようとしています!

KC:はい。 あなたの言ったことに私が同意すると言いましたが、ここの考えは誰かが中に入って、我々のために校庭を組織化して、次に彼らは彼ら自身のビジネスに出発するので、我々がそれに対処するために委ねられるということではありません。その考えは、我々が独力で歩くことを学ぶということです。

BD :我々は、我々自身で校庭を組織化します!

KC:はい。 それで、銀河系の共同体のメンバーであると思うために人類が主権をとって、人類の正当な場所を取る事は大きく重要です。

BD :一度、彼らが-

KC:そして我々が誰であるかを認識するために。

BD :彼らが誰であるか理解します、はい。

KC:・我々が持っている贈り物を認識してください。いいですか?

BD :人類は貴重です。 人類は非常にユニークなのですと、彼らは私に話しました 私が6週間、彼らと一緒にいたとき、質問攻めの後に彼らに質問をしました。 私が彼らに興味を持っていたのと同じぐらい彼らは私に興味を持っていたことに気付きました! そして私は彼らにどうしてかと尋ねました。 彼らが言いました、「あなた方人間は、あなた方が本当に誰であるか十分理解していません! あなた方は銀河系でユニークであり、ユニークな遺伝子を持っています。 あなた方は、宇宙で少なくとも12の異なった人種のパターンと部分と部品と遺伝子そしていかなるものでも構成されています。 そしてその結果として、我々はあなた方をユニークと考えます。 その結果として、我々はあなた方の小さい惑星をおそらく銀河のこの四分円で最も機が熟して最も豊かな動物園の1つとして見ています。」

そしてその時に、私は初めて銀河系は4つの部分に分けられていることを悟ったのでした! 私は四分円があったことを悟りさえしませんでした。 彼らは言いました、「おお、はい、あなた方は銀河系のこの四分円で最もユニークで貴重な動物園です。」

KC:絶対的に・・・。

BD :「我々は惑星を崇拝します、我々は惑星上の動植物を崇拝します、そしてそれが生き残るのを見るのです。」 今、私はより高いレベルからこれを得ています。

KC:分かります、そしてそれを正当に私は評価します。 それで、クリフォード、あなたたち二人とも脅迫され、二人とも最高に残念な状況で子供たち亡くしたこと- これは本当ではありませんか? そして私は傷つけることを持ち出すつもりはありませんが、肝心な点はここであなた方が二人とも内部告発者であることです」、両方ともが申し出て、二人共あなた方の生命を危険にさらしました。あなた方は二人共、無数の方法で脅迫されました。 いいですか? そして人々はこれが事実であることを悟る必要があります。 あなたは深く考えることなしにただそこで話をして、権威ありげに話してはいません。

CS :曹長が話されたように、私が話をしたことのように我々がこのような素晴らしい、そして美しいことの能力があるこの惑星での人種であること。

BD :無限の可能性。

CS :絶対的に。 けれども- 我々はお互いにこのような恐ろしいことをする能力を持っています。 そして、曹長は私と同じことを言っていると思います、そしていいですか、我々はスピリチャル的に成長しなければなりません。 もし我々がスピリチャル的に成長しないなら、我々は自分たちの技術の犠牲者になることになります。 彼らはそれが起きることを望んでいません。

KC:はい。

CS :そして初めに、最初のコンタクトは、いいですか、「向こう側はあなた方に反対して始動していないことを我々に知ってもらおうと望んだので、それは偶然には起きなかったことを保証するものでした。 我々はここにいます。 そしてあなた方は、時々、あなた方のレーダー上で我々を拾うでしょう。 我々は、時々、脅迫的な方法で入ってくるミサイルのように思われるでしょう。 それであなた方は本当に攻撃を受けているというあなた方の死と破滅を開始する前に明確にしなくてはなりません。 けれどもあなた方はこれを起こさせてはなりません。」

そして我々が成長するにつれ、実際に、理解すると、立腹は彼らが私たちの頭上に保持したものでした、- そして 立腹は相互の破壊の保証でした。あなた方が先に進むと、合衆国に奇襲攻撃をかけます、我々はあなた方を殺すのに十分長い間生きるでしょう。

BD :あなた方は我々を破滅させ、我々はあなたを破滅させるでしょう。

KC:絶対的に。 けれども我々はまだそれを取り扱っています。それらの状況のもう一つで、現在イランとイスラエルの事で 実際、我々は取り扱っています。イラン人によってベネズエラに仕掛けられたと思われるミサイルで、イランとベネズエラに関して起こっている豚の湾の状況があるなどと昨夜インタビューで話した内部告発者がいます。彼らは実際に地球外から介入した若干のETsがいたことを話しました。

今、私の理解は 人々はこれを認識していません -しかし、私は同じくLAに彼のデッキ上にカメラを設置していた内部告発者がいます。そして彼はいつも夜中につけて、そして彼は我々と彼らの間に続いている闘争や戦争を映像にします。そしてこれはロシア人、中国人ではありませんでした。 それは -地球外の人たちでした。

BD :私はエドを知っています。ハニー。

KC:そしてその人は殺されました。

BD :私はエドを知っています。 それらは戦争ではありませんでした。 それらはオペレーションでした、それらは運動でした、しかしそれらは戦争ではありませんでした。

KC:まあ・・・。

BD :もしそこに戦争があったなら、もし我々の惑星の周りに続いている宇宙戦争があったなら、この惑星はかなりいまわしいひどい状態にあるでしょう。

KC:けれどもそれはひどい状態にあります。

BD :まあ、それはそれがあり得たほどひどくありません!

KC:おお、いいえ、それは本当ではありません。

BD :まあ・・・。

KC:そしてあなたは ケムトレイルが何をしていると思いますか?グレーが作ったハイブリッド種にいっそう良くするように大気を変えることをとりわけ隠していて、若干のレベルの上のこの惑星に居住しようとしています・・・。

CS :彼らは決して惑星に居住しないでしょう。

KC:ハイブリッドの人種はそうするでしょう。

CS: いいえ、彼らは居住しません。

KC: いいえ、居住します。

CS :いいえ・・・。

BD :この惑星は維持されるでしょう、ケリー。

KC:彼らは人間です。彼らは半分人間です。

CS :はい、けれども我々は人間です。 これは我々の惑星です。 我々がそれをどうするか、それは我々次第です。

BD :我々はこの惑星で植物相です。[笑い]我々はこの惑星で動物相です.

KC:同意します、我々はこの惑星の世話人です。 すみません、我々は・・・です。

CS :そして我々を侵略するはずであった敵対的な力がそこにはあるならば、我々は勇敢な防衛を掲示するでしょう。 我々は外からの手助けなしで勝つことができませんでしたが、その外からの手助けが来てその脅威を無力にするのを手伝うでしょう、それですぐにその外の脅威、あるいはその脅威が無力にされたら直ちに彼らは去ります。 私はこれが事実であることを知っています。 はい・・・。

KC:分かりました。

CS :...早期のころ、我々は先に進み、上がって、そしてUFOを撃ち落とそうと試みます。 1952年7月26日、UFOを撃ち落とす実際の指示がでました。

BD :彼らはひどく速くそれを無効にしましたね?

CS :彼らはその日の5時30分までにそれを無効にしました。

BD :正にその通り、彼らは無効にしました。

CS :ソ連は今日に至るまで、パイロットにUFOを砲撃することを指示しています。

BD :それは大きな、大きなミスです。

CS :全くそうです。 そしてその結果として彼らは飛行機を失いました。 イギリス人は、2000年、2000年12月に報告をしています。遠くにいたUFOと同じぐらいに我々、イギリス人 あるいはロシア人がしたことはいかに少ししか知識を持っていなかったかを話しました。

[カットされました?]

2000年12月に、イギリス人は報告を発表し、もちろん人々が「まあ、イギリス人は先に進んで、そしてUFOに何もなかったと言いました。」と言います。 報告書は、それは述べません。 報告書は先に進み、レーダー目撃、航空機目撃、そして我々の航空機に起こっている彼らの若干の衝突の可能性について、UFO目撃のためにさえ話をします。

ソ連人がUFOを撃ち落とす試みの報告にこの権利を注いだのを彼らは知っています、そして彼らは行動中に航空機を失いました。私はその全部の報告書のコピーを持っています。

KC:はい。 けれども、我々の政府がこれらのグループの何人かと連盟を持っていてもし我々が働いているなら、そのある者たちは良くないことが分かります。
換言すれば、ちょうど今惑星で起きていることは、一部は肯定的ではありません、何故ならば、ならずものグループがいて、我々がかつて知っていたような我々の政府でない合衆国を運営しているからです。

CS :それは男たちの貪欲です。

KC:はい? けれども彼らが ETs のグループと共に働いているということです。

CS :はい。

KC:だから、それは単に人間に反対する人間だけではなく、それは ET に反対する人間ではありません、それは ET に反対する人間と ET です。

CS :あなたは善人が我々を見守っていないと思いますか?

KC:絶対的に。

CS :私は今これを話します。 この惑星に本来の彼らであると思われない人々がいます。

KC:そうです。

CS :我々は彼らをウォッチャーと呼びます。 そして全体の状態は、彼らは中に入って来ず、そして我々に彼らの意志を押し付けないであろうということです。 本当に起きることはこの惑星の民意であることが必須です。 けれどもあなたは犠牲を払わなければならないかもしれません。 けれどももし権力筋が今すぐ悪の側に従うことを決めるなら、彼らは少しの間それをそうさせるでしょうが、曹長が言ったように、全体として人類に対する脅迫となる途端に、いずれかの外部の勢力が介入するでしょう。

BD :話させてください もし、何か、クリフをさしはさむかもしれないが、地獄が誰であるとしても、それが何であろうと問題なく、 そこに善人がいます-彼らは冷戦の終わりを計画しました。 彼らはここ、合衆国に我々のミサイル・サイロを越えて来ました。我々が独立した12の弾頭を持っていたこれらの大陸間弾道弾を持っていたミサイル・サイロを彼らは旋空しました、それぞれは1メガトンの弾頭を持って、我々はソ連に目標を定めていました。 そしてソ連は我々をターゲットにしている同様のいまわしいものを持っていました!

まあ、レーガンが在職し、そしてゴルバチョフが在職していたとき、これらの善人は降りて来て、そして我々のミサイル・サイロを旋空しました、そして彼らは単にコンピュータをたたき潰しただけではなく、我々のミサイルで弾頭を融かしました! そして彼らは非常にひどく誘導システムをごちゃ混ぜにしたので、もしミサイルが今までにサイロから出て行っていたなら- マイアミあるいはスケネクタディ それは神が知るところです。それが爆発しなかったであろうから、それがただ地面の穴に残したことは重要ではなかったでしょう。

KC:はい。

BD :彼らはモスクワの外で、サンペテルブルグの外で、ゴルバチョフのソ連に同じくいまわしいことをしました。 彼らは弾頭を旋空して、弾頭を融かして、誘導システムをごちゃ混ぜにして、そして冷戦に終わりをもたらしました。

今、それは Bentwaters Rendlesham の森林において、ごく最近1980年でも起きました。 私はそこで副指揮官であったチャーリーホルトに話をしました。私は「大佐、私が最近将官から受けとった言葉は彼らが弾頭をねじって、そして・・・奪い合ったということでした」と、言うと、 彼が言います、「壊れています、ちぇっ! 彼らはそれらのいくつかを盗みました!」

さて、これらは善人です。 そして善人はゴルバチョフとレーガンに、そして他に聞いている人誰にでも言いました そして私を信じてください、中国人は注意を払っていました 彼らが言いました、「あなた方はこの神の惑星をしくじることはないでしょう、あなた方はあなた方自身を破滅させないでしょうが、核戦争はありません。 我々はあなた方がそれをしないのを見ます。」 そして今これらは主導権を掌握している男たちです。

KC:はい。 彼らはするかもしれません-

BD :私に最後まで言わせてください。 彼ら自身の間で、怒ってうめいていて、そして私たちの間で、事を動かしたりそしてあちこちに問題を引き起こしたりしているエイリアングループがいますが、彼らを越えた責任者である第三者がいます。

KC:はい。 もし彼らが責任者であるなら、彼らはとてつもなく良くない仕事をしています。
BD :いいえ、まあ、それについて彼らに話してください!

KC:私はそうするでしょう!

BD :そしてもしあなたが、私がしたように彼らに出くわして、面と向かって彼らの1人に会うことを望むなら...。

KC:私はそうしたと確信しています!

BD :...あなたが考えていることが答えであろうことに関して彼に若干の指導を与えるために用意を整えていてください!

KC:まあ、それは我々がここでしていることです。 いいですか?惑星からのこれらの人々、我々は彼らの子孫です。

BD :我々は彼らの家族です。

KC:そうです。 そしてそのために、我々は遺伝子を持っています。 そしてそのために、子供が父であるように、我々は立ち上がって、そして彼らに話をするすべての権利を持っていて、彼らに何が正しいか、そしてここで起こっていることで何が間違っているかを言います、そうではありませんか? そしてそれは多くの異なった種を意味します。 我々はそこで多くの種と関係があります、そしてあなたはそれを知っています。

BD :私はこの青春期の子供が立ち上がって、そして「見て、パパ、私が何をすることが必要と思うかをあなたに言うつもりです。」と、言っているのを見ています。 そして父が若造を見下ろして、「良い。 あなたが何を考えるか話しなさい。 けれどもその間、私はあなたの愚かさを問題から遠ざけ、あなたが拘置所に行かないかを見て、そして私はあなたにその間自爆させないつもりです。」と言います。

KC:はい。 けれども我々は ここで真剣になりましょう -我々は合衆国で内戦の間際にいます。あなた方、両方とも知っていますか?

BD :いいえ ありません

KC:我々の軍は極めて不満です。 我々の政府もそうです まあ、秘密の政府は彼らの黒いプロジェクトに金の大部分をつぎ込むために非常に一生懸命働いています。 我々は本質で--我々の狂乱した夢を越えてワイルドな技術を使って惑星から離れた所に--住んでいる手に負えない文明社会を実際、持っています。そして我々はここに 2012年にいます?  そして我々は飛ぶ自動車さえも持っていません。 古い技術を使っています。 彼らは爆発させて彼らを死なせるブリキ缶で非道な方法で惑星から宇宙飛行士を外してNASAを通して証明しています。 つまり、我々はここで実際は大きい情勢にない状態があります。

そして彼らがケムトレイルで、プレーしているこれらのゲームの瀬戸際に我々はいるのです。彼らは特に合衆国で、地球じゅうに、人の健康を損ねています。我々は地下の基地があり、人が屋根を通り抜ける人間の Dulce 実験を得ました。我々は全国的に生物兵器研究室を持っています。福島から、放射能で惑星を汚染しました、そしてここ、今シカゴの北で、サンノフェで権力筋によって引き起こされているもう1つのプラントがあります。

彼らがゲームをして、それらが 楽しいゲームではないように、それらは非常に重大なゲームです。 彼らは我々を邪魔しています・・・。

CS :彼らは先に進んで、それらのゲームをすることができますが、状況は我々、無知の、そして怪しまない民衆です、それを起こさせてください。

BD :私に言わせてください・・・。

CS :要するに、私は退役軍人で、心からこの国を愛しています。 もし誰かがこの国を脅迫したなら、政府の最大の形態として世界中のすべての国のうちのこの国のここの権利の自分たちの生き方のために、私は私の寿命を捧げるでしょう。 けれどもこの国を素晴らしくしているのは人々です。 そして我々は政府の悪と工業複合センターの悪について話をすることができます、しかし究極的に我々は世界中で最も強力な武器を持っています。 これはそういうことです。 そして選挙のときあなたは投票します。 あなたが間違っているものがあると思うとき、あなたはあなたの政府のメンバーに手紙を書きます。

今、UFOに関しては、彼らはそうしないかもしれませんが-私は多くの上院議員や多くの政府機関に多くの手紙を書いています、そして私は彼らがそれを憎むと非常に確信しています。 けれども、私がかつて少佐に言ったように、「それは、もし国防総省が50機の空飛ぶ円盤を持っているとしても、それはあなたにどんな違いがありますか?」と、尋ねました。 更に進んで言いました、「少佐、あなたは真実を知らないというぜいたく品を持っています。 不幸にも、私はそのぜいたくは共有しません。」

今、曹長や私がしたような経験、我々は異なった経験を持っているかもしれませんが、あなた方がそれらのすべてを組み立てたとき、それらは絵を描きます。 そして状態は、我々はなぜ話をしていますか? 私があなた方に保証します、曹長は私と同じぐらい極めてこの国を愛しています、そして我々は老人であるかもしれません、しかしもしあなた方が我々の生き方を威嚇するなら、我々は武器を取るでしょう・・・。

BD :私はこの国のために私の人生を捧げることを誓いました、そして私はまだそれに固執しています。

CS :そしてその誓約はまだ我々の心にとって愛しいです。

KC:はい。 けれどもあなたはあなたには政府があることを理解します・・・。

CS :おお、はい。 おお、はい。

KC:・・・すなわち、真実について話をするためのこの拘置所の部屋にあなたたちと私のような人々とおそらく少数の他の人々を入れる準備ができています。 なぜなら彼らは秘密を守ることを望み、そして彼らは基本的に、我々の背後で狂暴な社会になった彼らの方法を続けることを望むからです。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=uC4t1FEk5LE[/youtube] 

TRANSLATOR: SHIZUE

Post a Comment

assange



At midday on Friday 5 February, 2016 Julian Assange, John Jones QC, Melinda Taylor, Jennifer Robinson and Baltasar Garzon will be speaking at a press conference at the Frontline Club on the decision made by the UN Working Group on Arbitrary Detention on the Assange case.

xmas





the way we live

MAN


THE ENTIRE 14:02' INTERVIEW IS AVAILABLE AT

RC



info@exopoliticsportugal.com

BJ 2 FEV


http://benjaminfulfordtranslations.blogspot.pt/


UPDATES ON THURSDAY MORNINGS

AT 08:00h UTC


By choosing to educate ourselves and to spread the word, we can and will build a brighter future.

bj


Report 26:01:2015

BRAZILIAN

CHINESE

CROATIAN

CZECK

ENGLISH

FRENCH

GREEK

GERMAN

ITALIAN

JAPANESE

PORTUGUESE

SPANISH

UPDATES ON THURSDAY MORNINGS

AT 08:00 H GMT


BENJAMIN FULFORD -- jan 19





UPDATES ON THURSDAY MORNINGS

AT 08:00 H GMT

PressTV News Videos